2009年08月11日

緊急地震速報

 ご無沙汰してます……。あまりにもビックリしたので珍しく更新してしまいました……。

 本日午前5時7分頃、俺は5時30分には出勤するのでNHKテレビのニュースを観ながら朝飯を食ったり、準備をするなどしていた。 ニュースは各地に被害を起こしながら移動し続ける台風の情報を伝えていたのだが、そこを襲ったのが「緊急地震速報」。
 高瀬耕造アナウンサーが突然鳴り出した「キロン!キロン!緊急地震速報です!」という警報音に驚きの表情を見せながらも「只今、神奈川県、静岡県、愛知県に緊急地震速報が出されました。落ち着いて行動してください」と終始冷静に訴え続ける。
 ついに“東海大地震”が来たか!?と瞬間的に連想したのだが、それにしても、警報音から数秒後には地震が起きるというのにどうしていいのか見当がつかない……。
 そのうち我がボロアパートは小さく横に揺れだした……。テレビの高瀬アナウンサーも「このNHKのスタジオも揺れています」と相変わらず冷静に喋り続いている。
 俺は身動きできず座り込んでいるしかできなかったのだが、そうしているうちに地震は治まった……。
 各地の震度が紹介され、我が東京23区は震度4だったそうだ。しかし、静岡県には震度6弱の所もあったらしい。
 台風、地震と二重の災害に今後が心配されるが、やはり地震には日頃の防災意識がないとどうにもならないものだと思い知った出勤前の朝であった……。
posted by 計良義一 at 07:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

ネット等の選挙運動活用について

 ついに今日、今後の政治情勢に影響を与える東京都議会議員選挙の投票日となった。
 このような注目度の高い選挙がある度に話題にされるのがインターネットなどの選挙広報への活用問題。
「従来の選挙活動は街頭宣伝車や掲示場所が制限されているポスターなど、硬直化している。現在その使用が禁止されているネットを自由使えるようにしよう!」というのが推進派の言い分だ。しかし、未だにパソコンを持っていないアナログ人間の俺にはどうして選挙運動にネットが必要なのかよくわからない……。
 候補者の声を演説場所に聞きに行かなくても、各家庭、各地に届けられる「選挙公報」を熟読すれば済むのではないか?
 そう考えると、そんな「ネット選挙推進者」が何でもネット頼りにする人が横着者にしか見えなくなる。
 まぁ、そんな横着者ならいくら充実された「ネット選挙広報」を見ても適切な判断は期待できないだろうが……。
posted by 計良義一 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ご無沙汰してます……

 影の愛読者さんコメントありがとうございます。そしてその他の皆さんご無沙汰してます……。
 特に何かあったわけではありません。いつものようにダラダラしているうちに、気がついたら3ヵ月も未更新状態になっていただけです……。
 一応、「核兵器保有論議」や「国会議員の削減論議」などについて記したいことはいろいろあります。時間が無いわけではありません。でも行動する意欲が湧かないのです……。
「意欲が湧かないのは何故か?」「もう自身の心中では、このブログはとっくに使命を終えているから意欲が湧かないのではないのか?」などと自問自答したりもしています。
 まあ、しかし、少ないといえども読んでいる方がいてくださるというだけで幸せというもの。とりあえずは「海抜ゼロメートル地帯」から転居するか「独身貴族」の身を喪失する時が来るまでは、たとえ更新が年に一度になってもこのブログは閉鎖しないつもりです。
「それじゃあ、いつまで経ってもこのままだべ!」なんて言わないでくださいね……。
 そんなわけで宜しくお願いいたします!
posted by 計良義一 at 07:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

いつの間にかブログ開設3周年……

 2月24日は当ブログ開設“3周年記念日”だった。しかし、それに気付いたのは3月に入ってから……。
 足立区にある俺の職場、廃棄物処理工場の仕事が忙しくなったり、田舎暮らしをしているジャーナリスト専門校の先輩から住友生命広報誌の小説コンクールに応募せよ!との要請に応えたりと、このブログのことを考える余裕がなかったのである。
 そんなわけで更新も月に一度のペースになりつつあるが、一応、続けてゆくつもりなんで宜しくお願い致します……。
posted by 計良義一 at 06:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年の瀬を襲った五大ショック!D

 3月に入ってしまったが一応続きを……。

 昨年末、札幌の実家に両親と共に暮らす姉から「ゴローちゃんが死んだ」とのメールが来た。
 ゴローちゃんとは実家で飼っていた高齢の雑種猫である。俺が札幌を出て東京へ移る18年前、入れ替わるように実家にもらわれて来た。
 そんなこともあり、母はオスであるゴローちゃんに俺の姿を重ね合わせていたのではなかったかと思う。食が細く、好き嫌いが激しかった幼少期の俺と違い、事あるごとに食べ物をねだるゴローちゃんを甘やかし、ついに肥満体にさせてしまった(父も同罪)。
 母が突然の難聴で手術を受けて身体障害者になったり、祖母(母の母親)や伯父・叔父らが亡くなった時も帰ることができなかった俺に代わり母の慰め役になっていたのかもしれない。そう思うとゴローちゃんには感謝せねばならないだろう。
 もう1匹、アメリカンショートヘアーのメス猫、サキちゃんもいるが、こちらも老猫であるので安心はできない。俺も早く家族を楽な気持ちにさせなければとは思っているのだが、なかなか上手くはいかないのが現実である……。
posted by 計良義一 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

年の瀬を襲った五大ショック!C

 すでに2月に入ってしまったが、リクエストもいただいたし、途中で終わるのも具合が悪いので……。


 我が家のテレビはシャープの「アクオス」である。つまり液晶テレビというわけで、地デジ対策は一応出来ている(アンテナはまだだが…)。しかし、ビデオはVHS……、つまり磁器テープ式のビデオなのであった……。
 先日、そのビデオデッキで1987年に録画したジャズフェスティバル「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」を久しぶりに観ようとした。
 テープを探し出し、デッキに入れて再生ボタンを押した。しかしテープは作動しないまま出てきてしまう。
「おかしい…」と思いテープを見ると…、なんと! テープの中にカビが生えていた……。
 カビはテープを石のような固い物質に変えていたのである。他のテープも確認すべく出してみたが、100本近いほぼ全てのテープがカビに蝕まれていた……。
 それではと、問題なさそうなテープをデッキに入れて再生してみた。しかし、今度は正常に映らない……。
「おそらく最初に入れたテープのカビがヘッドを汚してしまったのだろう……」。そう考えた俺はクリーナー用テープを何度もかけてみた。数えきれないほどかけてみたが、若干映りが良くなった程度にしかならない……。くだらないことに対する根気の強さには定評がある俺だが、さすがに諦めざるを得なかった……。
 これでジャズなどの名演、アメリカンフットボールの歴史的試合などが収められた貴重な映像資料は、その価値を失ったのである……(特に90年代全般に渡る社会人アメフットの歴史的試合は世間にはほとんど出回っていなかっただろう)。
 その上、10月から録画しながら毎回観ていたNHK朝の連続テレビドラマ「だんだん」も休みの日以外に観ることが出来なくなってしまったのである……。
 これで長年の懸案だった「“ブルーレイ”も観られる録画機購入」を具体的に進めなくてはならなくなった。「テレビライフのより一層の充実」と「地デジへの完全な対応」を同時に押し進めなければならなくなったのである。だが、しかし……、以前にも記したように冬のボーナスが不支給に終わった今、その購入資金もままならない状況なのである……。
 苦悩は続く……。
posted by 計良義一 at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

正月の俺“2009” そして今年の目標……

 遅れましたが明けましておめでとうございます。
 今年も例年同様「更新はしたいときにする!」を基本姿勢としてゆるゆると続けてゆきたいと思います。すでに元日から数日が過ぎていますが、兎にも角にも宜しくお願い致します……。

 そんなわけでシリーズものの途中でしたが、年も改まってしまったのでとりあえず正月の様子を簡単にご紹介……。


 大晦日まで仕事だった俺だが、今回は数年振りに三が日が休みになった(前年の年末年始は当時のブログに詳しく記したが、強引な手法で5連休をせしめたため上司の報復にあってしまった……)。
 大晦日は帰宅後に12チャンネルの「ハッスル」とNHK「ゆく年くる年」を観ながら年を越し、元日は我が家近くを流れる荒川の土手から初日の出を見物。2日は渋谷で映画を3本鑑賞した後に(『ウォー・ダンス/響け僕らの鼓動』『消えたフェルメールを探して/絵画探偵ハロルド・スミス』『TOKYO JOE/マフィアを売った男』)格安プランを利用して小規模高級ホテル渋谷グランベルホテルに1泊。3日はそのまま東京ドームへ向かい、アメリカンフットボール日本選手権「ライスボウル」(パナソニック電工・インパルス対立命館大学・パンサーズ戦)をネット関係で知り合ったアメフット界の重鎮A氏と観戦した。
 そんなイベント盛り沢山の三が日もあっという間に過ぎ去り、4日は世間より早い“仕事始め”となった……。

 ところで、昨年の正月には2008年の目標をとして「長年の懸案だった借金を処理し、年内には転職する!」と当ブログに披露した。
 実はこのブログではまったく触れなかったが、俺は昨年、弁護士に依頼してサラ金会社4社と和解することができたのである(過払い金から弁護士報酬を払い、結局約18万円が手元に残った……)。
 しかし、弁護士へ依頼する決心がなかなかつかなかったため、全面的な解決は当初の目論みよりも遅い11月となった。そのため転職への行動も先送りとなった上、我が社のボーナスが不支給となったこともあり、転職への行動は今年の5、6月へ先送りとすることにした……。
 それにしても、当初の目論みからは大幅な先送りとなったが、方針通りに実行していれば経済評論家や経済アナリストなど、ほとんどの専門家たちも予想できなかった今の不景気の波に飲み込まれていたかもしれない……。そう思うと結果として良かったということになるが、このご時世である。無理にでも「良かった」と言い聞かせなければやってられないか……。
posted by 計良義一 at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

年の瀬を襲った五大ショック!B

 我が職場は廃棄物処理会社である。先日、今月の給料明細が来たのだが、紙切れが1枚入っていることに気がついた。見るとそこには「今期の賞与は出ない」旨の文があり、その文は俺に脱力感をもたらした……。
 世情では急速な景気の悪化による様々な報道がなされているが、まさか我が身に降り掛かってくるとは思っていなかったのだ……。
 紙切れにはボーナスが出ない理由として「業績の悪化」や「不祥事により賠償金を払ったため損害が出た」などが記され、それらの損失が合計で10億円近くに上ったとあった。
 しかし、社員の中でそんな理由を真に受ける者は少ない。大体、我が社の社長は自ら主催した社員向けの宴会で社員から会費を徴収しておきながら、その分を会社の経費で払い、徴収した会費は自分のフトコロに収める人間なのである。
 その他、役所などへ届け出る際の不正も数限りない……。
 俺はこの会社に派遣として入って10年、そして正社員になって3年半になる。その時々で「こんな会社辞めてやる!」と何度も思った。実際に9月頃からいろいろと検討し、上司にも具体的な退職時期を相談していた。しかし、このご時世である。幸い慰留されたので退職時期は来年半ばまで先送りすることにした。
 しかし、退職の意志は変わらない。そのときにはこの会社の不正の数々を告発する考えだ。
 まあ、小心者なんで泣き寝入りの公算が強いが……。
posted by 計良義一 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

年の瀬を襲った五大ショック!A

「好きなアイドルは誰だった?」と聞かれた時、俺は迷わず…
「俺の“永遠のアイドル”は斉藤由貴サマです!」と答える。
 今から20数年前、俺が中学を卒業する少し前の頃に斉藤由貴サマはデビューした。俺はその頃からのファンなのである。しかし、それほど熱心でも熱狂的でもなかったので、今日に至るまでコンサートなどの舞台で実物を拝んだことはなかった。
 それが斉藤由貴サマファンのコミュニティサイトでコンサート情報を見て、急速に実物を拝みたい衝動に駆られたのだ。
 コンサートは12月23日。チケットは一般発売で11月に入手し、職場にも早いうちから休暇の希望を要求した。
 コミュニティサイトでも日を追うごとに期待が増してきたため、俺の興奮の度合いも同時に増してきた。
 だが、しかし……、職場の出勤状況を管理する上司Mから23日の出勤を依頼されたのは、その2日前だった……。
 その状況がどうにもならない職場の緊急事態なら仕方ない。しかし、現況から考えて上司Mの個人的都合であるのは明白だった。
 どうせ上司Mが特に理由もなく、「単に23日に休みたくなったから」という考えからの職権乱用だろう。他の同僚も同じ意見だった。
 そんなことから突っぱねれば要求は通ったことだろう。しかし、俺は受け入れることにした。12月は以前、当ブログに記した「大阪・神戸一人旅」や、俺が通うスナックのママが所属するNPO法人主催のイベントを観劇するために休暇要求を連発していたのである。そんな負い目や、今後の休暇要求を有利に進めるために今回は上司Mに譲ることにしたのだ。

 23日以降、斉藤由貴サマのコミュニティサイトはコンサートの話題一色で塗り固められた。昔懐かしい歌の数々、「斉藤由貴サマ“カルトクイズ”」などでの観客との楽しいやりとりなどなど……。
 3児の母である斉藤由貴サマが来年以降もこのようなコンサートを継続する保証はない。
「やっぱり行きたかった……」。そんな後悔の念が今の俺を包んでいる……。
posted by 計良義一 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

年の瀬を襲った五大ショック!@

 少し前まで順調に物事が進んでいたのだが、年末になって5つもショッキングな出来事が続いた……。


 12月、日本アメフット界は各リーグ戦が終わり、それぞれ“ボウルゲーム”で盛り上がる時期となる。そんな中、アメフット界を揺るがす大きな報道があった。社会人アメフットの名門オンワード・オークスの解散が18日に発表されたのだ……。
 18日はアイスホッケーの西武が解散を発表した日と重なったため世間的には地味な扱いとなってしまった。しかし、社会人アメフットを黎明期から現在まで牽引し、今季もブロック優勝した強豪チームの突然の解散発表にアメフット界は大激震を受けたのである。
 一応、オンワード・オークスはクラブチームだった。しかし、アサヒビール・シルバースターや神戸・ファイニーズ、オービック・シーガルズなどの純然としたクラブと違い、スポンサー企業であるオンワードとは密接な関係にあり、依存度が強かった。これまでのチームの成り立ちに紆余曲折があったからである。
 アメフット関連のコミュニティサイトでは発表当初、業績悪化を理由にいとも簡単に解散を決めたオンワードへの怒りのコメントが多数寄せられていた。しかし、オークスの選手、スタッフ、チアリーダーなどが自主的にチームを運営する方向で活動を継続されることが決まると、支援、応援コメントが増えるようになった。
 だが、問題はこれからである。オンワードが社会人協会に解散届を出してしまったので今までのオークスというチームは存在しないことになったのである。つまりチームの解散と共にこれまでの実績もなくなったわけで、社会人アメフットの最高峰“Xリーグ”への参加資格もなくなったのである。そのため新チームを結成し、社会人協会に登録して最下リーグ「X3」からスタートしなければならないのだ。
 それらの問題、スポンサー探し、そしてチーム関係者の現状などについては元オークス関係者による自主運営組織のホームページ(http://ameblo.jp/oaks-saikenn/)を御覧いただきたい。

 最初にこの報道が「アメフット界に大激震を与えた」と記した。それはこれを契機に同様のチーム解散がドミノ倒し現象のように続く可能性があるからである。
 バブル時代から「メセナ」とか「企業の社会貢献」などが叫ばれていたが、こんな世情厳しい時だからこそ、人々に様々な思い(想い)をもたらすスポーツの効果が重要となる。企業経営者にはそんな自覚を持つことを希望したい。
posted by 計良義一 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。